事業案内 ケーブル船事業

海底ケーブル敷設船の運航・船舶管理を行います

専用設備を備えた2隻の海底ケーブル敷設船「KDDI オーシャンリンク」および「KDDI ケーブルインフィニティ」の運航・船舶管理を行っています。
デジタル時代を支える海底ケーブルの敷設・保守を安全かつ迅速にサポートしています。


社会インフラを支える海底ケーブル敷設船

KDDI オーシャンリンク

現在は主に保守作業に従事しています。
東日本大震災時でも海底ケーブルの障害が発生し、修理を行いました。

KDDI ケーブルインフィニティ

通信ケーブルだけでなく、電力ケーブル敷設工事への対応も可能な仕様です。
自動船位保持装置(DPS)に習熟した船員による海底ケーブルの新規敷設を主に行っています。


特殊作業船「海底ケーブル敷設船」とは?

世界とつながる国際電話やインターネットの通信を繋ぐ海底ケーブル。

海底ケーブル船が行う作業は、ケーブルの海底への敷設と敷設したケーブルの修理・保守の2種類があります。

船上にはケーブルの敷設や保守に使用する水中ロボットを搭載しています。

また、これらの敷設や保守を洋上の一定の場所に留まって行う高度な技術を実現するために、DPS(ダイナミック・ポジショニング・システム=自動船位保持装置)も備えています。


高度なケーブル船運航技術でデジタル社会を支える乗組員たち

DPS(ダイナミック・ポジショニング・システム=自動船位保持装置)と研修の様子

DPシュミレーター

PAGE TOP