海技訓練事業 操船シミュレーション訓練

システムの特徴

360度の水平視野と下方視野を備えた、フルミッション・ブリッジシミュレータです。

Bridge 1

360度の水平視野は、BRM訓練など複数の乗組員が関係するシミュレーションにおいても、ブリッジの全員が自然に行動することができ、岸壁を見下ろせる下方視野は着離桟操船で岸壁と船体の位置関係を自然に把握することができます。

二つの船橋を備えたシミュレータは、それぞれ単独でのシミュレーションはもちろん、航路内で2隻が行き会うシミュレーションなど、同じ海域で2隻を操船することができます。

Bridge 2

Bridge 2はDPS(Dynamic Positioning System)を装備。海底ケーブル敷設船や海底資源調査船などを想定した操船が可能です。もちろんBridge 1と共に従来どおり一般船舶として同じ海域で2隻を操船することもできます。

多彩な映像表現

時間の経過による昼間、夜間等の映像変化はもちろんの事、霧、雨等による視界制限状態もリアルに再現します。夜間の景観においては、緯度経度から計算されるデータに基づき星も表現できます。視程は任意の距離に設定することが可能です。

昼間
夜間
油流出

システム構成機器


シミュレーション訓練

シミュレータを使用することにより、各種船舶の基本的な操縦性能の体験の他、様々な気象海象条件下における船体の挙動の体得、各港により異なる入出港方法の把握など、各種操船訓練を繰り返し実施することが可能です。
訓練に関するどのような事でもご相談下さい。乗船勤務を経験したスタッフが豊富な知識や訓練経験を基に、現場の目的に沿った訓練をご提供致します。

操船訓練

船舶の大型化、船種の変化への対応。限界風速下での着離桟。港により定められた入港手順の把握。船長で初めて乗船する、新入社の航海士、少ない経験を補う…、訓練の目的は様々です。

シミュレータを使用した操船訓練は、理論的に把握した船舶の操縦特性をシミュレータで実際に操船することで、現場で有効な技術を修得することができ、船舶の安全運航に役立てています。

操船訓練(例)
  • 船長対象入出港操船訓練
  • 水先人対象入出港操船訓練
  • バースマスター対象入出港操船訓練
  • SBM離着標操船訓練
  • ドックマスター対象入出渠操船訓練
  • 航海士対象沿岸航海訓練
  • 航海士対象船長補佐訓練
  • 新人航海士導入訓練

船橋内の機器は実機を多く取り入れ、商船三井が運航する大型商船にならって配置し、装備でも臨場感を高めています。

BRM (Bridge Resource Management) 訓練

BRM(Bridge Resource Management)訓練は、連絡ミス・操作ミス・思い込み等のヒューマンエラーから起こるトラブルをなくすため、人と物の情報を最大限に活用して海難事故を予防するための訓練です。

当社は1996年のシミュレータ導入と共にMOLグループの運航船からの情報を基に独自の改善を繰り返して来ました。2014年5月IMO Model Course1.22に完全準拠し、NKの認証を取得しました。これからも現場の変化と共に改善を続けていきます。

詳しくはBRM訓練をご覧ください。

訓練対象海域

国内データベースの一例をご紹介します。

横浜港
四日市港
大阪港
関門海峡

豊富な船種

目的に沿った操船訓練をご提供するため、ご要望に応じた新規船舶の作成も承ります。

油送船
LNG船
コンテナ船
ドライバルク船
自動車船

BRM訓練

安全な航海を達成するため、これまでに船舶運航者たちは、優れた船体と機器を手に入れてきました。ただし、進歩する科学技術の中で優れた機械を手に入れても、これを使うのは結局人間そのものです。そこで私たち航海者は、自らの技術を卓越させることに多大な力を注ぎ、航海の安全に努めてきました。

しかし現在、この技術だけでは対応が難しくなりつつあるといわれています。 BRM(Bridge Resource Management)は、Bridgeの構成メンバーが、それぞれの持つ知識と情報を駆使して、状況認識・情報伝達・問題点の認識・解決案立案・問題解決案の実行という流れで、Bridge Teamという組織を運用する技術です。

私どもが提供いたしますBRM訓練は、まずBRM技術の理論として組織力を重視した事故防止のためのこの新しい考え方を講義とブレーンストーミングで学習し、次にBRM技術の実践としてシミュレータを使用した演習を行う高度に実践的な総合訓練です。

受講対象者はまず、船長はじめ航海士・操舵手とブリッジの構成メンバーが中心です。私どものBRM訓練は、小さなエラーの連鎖が招く大事故を未然に防ぐために個々の認識力を高め、Bridge Teamが極限状態を処理する対応能力を向上させ、船上の組織運用技術を高めることで、事故を1件でも少なくし、仮に事故が生じたとしても被害を最小限に食い止め、安全で美しい海を保つことを目的としています。

商船三井の乗員向けにはIMO Model Course1.22で推奨されているとおり40時間(5日間)のClass NKから認証を受けたコースで実施しています。日程が難しい乗員向けには別のコースでも実施しています。
開講例を下記にご紹介します。ご相談によってできる限りご要望に柔軟に対応いたします。

研修内容(例)

  • 期間:2日間
  • 場所:東京本社 シミュレータルーム
  • 対象者:船長・航海士・甲板部員 計4名
  • 講義内容:ヒューマンファクター・事故の発生理論・BRM理論・実践的BRM
  • 演習内容:シミュレーション演習 3プログラム程度
    使用船舶:受講者が運航する船舶に近い船体を所有のデータから選びます。
    使用海域:受講者の就航航路を伺い、適切な海域を選びます。
  • 日程
    第一日目 09:00-17:00
    • オリエンテーション
    • 講義
    • シミュレーション演習準備
    第二日目 09:00-17:00
    • シミュレータ装置慣熟訓練
    • シミュレーション演習 1
    • シミュレーション演習 2
    • シミュレーション演習 3

    なお、シミュレーション演習は、次の手順を1セットとします。

    • Briefing:運航前の航行計画・配置・手順などの打ち合わせ
    • シミュレーション訓練実施
    • Debriefing:所見 訓練後の自己検証
      (船橋内モニターの記録ビデオを見ながら自分たちで問題点を指摘し合い自己検証します。)

PEC(強制水先免除制度)操船シミュレータ講習

2005年(平成17年)水先法の改正による新たな強制水先免除制度(PEC)の施行に伴い導入された操船シミュレータによる代替履歴について、当社の操船シミュレータシステムは国土交通省から講習実施機関として認定を受けています。

当社では、この制度に適合した操船シミュレータ講習を行ない、履歴換算に必要な認定証明書を発行しています。

制度の概要

「水先法施行規則の一部を改正する省令附則第4項の国土交通大臣が定める回数を定める告示(平成17年国土交通省告示第506号)」及び「水先法施行令の一部を改正する政令及び水先法施行規則の一部を改正する省令の施行に伴う航海実歴認定等に係る事務の取扱いについて(平成17年4月1日付け国海資第1-2号)第3条」の規定に基づき、国土交通大臣が認める操船シミュレータ講習の課程が実施されます。

強制水先区における水先人免除制度はすでに、一定期間内に規定の水先人乗船実履歴回数を満たすことで、航海実歴認定として行なわれておりました。平成17年、この水先法の改正により航海実歴認定に必要な履歴回数が増加されました。この新しい制度では、これまでの乗船実履歴のみの制度から、乗船実履歴と操船シミュレータ講習による履歴回数が加算され、当該強制水先区の航海実歴認定を行なうことになりました。

詳しくは、管轄運輸局までお問い合わせください。

操船シミュレータ講習の概要

当社が行なう操船シミュレータ講習は、この制度の履歴換算に必要な証明書を発行するための講習です。
操船シミュレータ講習は、強制水先区毎に操船シミュレータコース(講習ストーリー[PDF:134KB])が用意され、受講者は当該コースに応じた操船シミュレータシナリオの中を自らの指揮で操船します。
講習は全て日本語で行なわれ、その内容は、「操船計画の説明」、「法規・指導など遵守事項の説明」、「操船シミュレータ実習」、「実習後の説明」、「評価員からの質疑応答」などです。

操船シミュレータ講習結果はこれら内容を統合して点数化され、その点数に応じて運輸局により履歴回数に換算されます。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み方法

  • 受講希望日の一ヶ月前までに「担当窓口」宛にメールにてご連絡ください。
  • 次の項目をお知らせください
    • 受講希望日(なるべく複数日)
    • 受講する水先区で乗船する最大の船舶
      (船種または荷種・総トン数・全長・幅・喫水・スラスターの有無・舵プロペラの特徴・その他)
    • 受講する水先区およびバース名
      講習認定ルートはこちらをご覧ください。

      講習ストーリー[PDF:134KB]

  • 講習日時が決まりましたら、当社から正式な受講申請書および詳しいご案内を送付いたします。

講習日時

講習日時はメールにてご相談ください。(祝祭日は除きます)
講習時間は1コース半日となります。

担当窓口

海技訓練事業部 操船訓練部
Email:MOLMC_simrm@molgroup.com

料金

1コース 15万円(税抜き)に消費税を加算して銀行振り込みにて承ります。

PAGE TOP